時計の自動巻き・手巻きって何のこと?

   2016/01/12

jidou-temaki

オメガやロレックスの時計を見積もりに出していると、ところどころで目にする「自動巻き・手巻き」という言葉。よく分からないという方も多いのではないでしょうか?

機械式時計には「自動巻き」「手巻き」の2種類があるのです。機械式時計とは電池を使わずゼンマイで動く時計のことをいいます。

それらの違いをまずは見ていきましょう。

「自動巻き」と「手巻き」の違い

まず機械式には電池が入っていないのでゼンマイを巻き上げる必要があるのですが、その作業を自動で行うのか手動で行うのかの違いがあります。

「手巻き」の場合、時計の横についているリューズ(ボタン)を使ってゼンマイを巻き上げます。
「自動巻き」の場合は、ムーブメント(動力部分)に内臓されているローターが回転してゼンマイを巻き上げてくれます。

こう聞くと、自動ならその名の通り「自動」で何もせずとも時を刻み続けてくれるというイメージをもたれるかもしれません。私も昔そう思っていました(^_^;)しかしこれは全くの誤解です。

自動巻きは、自分の腕に装着したときにしかゼンマイを巻き上げてくれません。なぜかというと腕の動きによってのみローターが回転しゼンマイを巻き上げるからです。

ですから時計を着けずにずーっと置きっぱなしにしていると自動巻き時計も止まってしまうということです。

詳しい専門知識は分かりませんし説明しても逆に分かりにくくなるだけなので、手巻きは完全に手動・自動巻きは腕に着けた時だけ自動と覚えておけば問題はないでしょう。

「自動巻き」と「手巻き」ってどっちがいいの?

まずどちらも電池交換の必要がないというのが最大のメリットでしょう。

次に自動巻きは、腕につけてれば止まらないので仕事などで毎日腕時計をつけるという人には向いています。たとえば営業の仕事をやっている方などは特にそうかもしれません。

一方で手巻きには、毎日決まった時間に巻いてあげる手間をかけることで愛着を持ちやすいという特徴があります。まるで生き物を育てているかのように時計に愛着を持てます。

あなたは腕時計になにを求めている?

あなたが腕時計にもとめているのは何でしょうか。「正確な時間」なのか「かっこよさ」なのか「ブランド」なのか。

もし腕時計は時刻がピッタリなことが最優先だ!という考えをお持ちなら機械式時計(自動巻き・手巻き)は気に入らないかもしれません。クォーツ式時計という電池で動く時計がありますのでそちらのほうが合っているでしょう。

時計のクォーツ式・機械式って何のこと?

ただやはり中には、自分のお気に入りの時計を長く大切に使いたいという方もいると思います。そういった方にこそ機械式時計は合うと思います。

あとは使い方次第で、毎日時計を付けるなら自動巻き、手間がかかってもいいなら手動巻きという風に選ぶのが私は一番いいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. サイトウテツオ より:

    千年さんより、凄い修理をしてくれる
    お店がありますので、紹介します。
    千年さんに修理パックを断られた、
    ロレックスのOHを受けていただきました。
    一度、見積りだけでも取られては?
    対応が的確です。補償期間も2年のウイン
    さんです。

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA