正規メーカーに修理を頼むなら覚悟しておくべき2つのこと

   2016/04/21

*管理人はメーカー修理は非推奨の立場ですが、あくまでこれは個人の感想です。

オメガを扱っているスウォッチグループと、ロレックスを扱っている日本ロレックス。この2大メーカーに時計の見積もりを出してみて気づいたことを以下にまとめます。

私の結論からいうと、修理やオーバーホールを行うのならば、メーカー以外の時計修理業者にお願いするのをおすすめします。

メーカー修理で私がどうしても納得いかない点を2つ挙げてみます。

1.金額が高い

最初に見積書をみたときはびっくりしました(^_^;)時計のメンテってこんなに高いのか!?と。
あとはピックアップサービス料だとかキャンセル手数料だとかもろもろがかかるのも地味に効きますね。

2.納期が遅い

たとえばスウォッチグループジャパンは納期が2ヶ月でした。サブの時計であれば待てますが、メインで使っている時計の場合は痛手です。

まとめ

時計に限らず何かを修理することってみなさんあると思います。iPhoneだったりパソコンだったり経験あると思いますが、それらを修理に出す時って一番「値段」と「いつ終わるのか」が気になりませんか?

私はその2点が修理に出すときにもっとも気になります。

今回、メーカー修理をあまりオススメできないとしたのはその2点が私の許容範囲をオーバーしていたからです。もちろん納得出来る人もいるでしょう。このあたりは個人の感覚なのでとやかく言えませんが、調べてみるともう少し安くて早いメーカーはある(クオリティは出してみないとわかりませんが)ようなのでこれから少しずつ見積もりに出してみようと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA