オメガ時計を「時計修理110番」へ見積り依頼!わかりにくい梱包方法にイライラ…

   2016/04/21

前回、匠工房で見積もりキャンセルをしたオメガ シーマスターを今度は時計修理110番へだしてみました。

時計修理110番の梱包

ネットから申し込むと袋にはいった郵送キットが届きました。
110ban001

中身がパッツンパッツンだったので覗いてみたら、段ボールが入っていました。そりゃかさばるわ。
110ban002

中身を取り出してみました。
110ban003

もはやお馴染みの事前診断シートです。いい加減面倒になってきますね(笑)
110ban005

時計の梱包です。

同封の白い緩衝シートで時計を包み、輪ゴムで留めた上で、台紙に挟み、箱に入れます。

と手順書に書いてあったのですが写真がない文章だけの説明なので、どれがどれだか分からない…。それに白い緩衝シートを使ってどうやって時計を包めばいいのかも書いてありません。ちょっとこれは不親切ですね。

しょうがないので自己流で巻き巻き。ちゃんと衝撃を吸収してくれるのでしょうか…
110ban007

時計修理110番はヤマトの「薄型精密機器ボックス」を使うみたいです。
元々はUSBメモリーやDVDメディアなどデジタル機器を送るためのものみたいですね。時計専用に作られたボックスではないのでやや不安。
110ban009
110ban010

これ正直、組み立て方が分かないっす(・_・;)

書いてある説明を10回読んでも理解できませんでした。。。
私の理解力がないのか、説明書きがいけないのか、どちらにせよ強引に押し込んで段ボールに収納してしまったので不具合がないかすごーく不安が残ります。

やっぱり既存のサービスを使うよりも時計専用の入れ物を用意してくれたほうが梱包しやすいし、安心して送れますね。これは間違いない。
(私的に3番の説明が意味不明です)
110ban008
110ban011

事前診断シートをいれて封をします。
110ban012
110ban013

はい完成。あとはヤマトに集荷してもらうか、最寄りのコンビニへ持っていけばOKです。
110ban014

梱包のやり方がわからないと出すのが面倒になる

今回の梱包をするに当たって、「緩衝シートの使い方」と「精密機器ボックスの収納の仕方」の2つもやり方が分かりませんでした。1ヶ所でつまずくならまだしも2ヶ所でつまずいたのでさすがに出すのを諦めかけました。。(汗)

なんとか自分も奮い立たせて梱包してみたものの、やり方があっているのかどうかも分からないままなのでちょっとこのへんは改善してほしいですね。

時計修理110番の見積もり結果>>

■時計修理110番
tokei110ban_hp
住所:東京都荒川区西日暮里5-32-5 ウシオビル1F
営業時間:月~金 10:00~18:00 土日祝日定休
電話:03-6806-7515
URL:http://www.watchrepair110.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA