ロレックスの修理やオーバーホールって?初めて依頼する前に知っておきたい3つのこと

   2018/09/04

ロレックスの箱

この記事は『ロレックスを初めて修理やオーバーホールに出そう』と考えている人に向けて書いています。

買ってからまだ一度も出したことがないという人もいれば、針が動かなくなったり凹んだりして修理に出さざるを得なくなった人もいるでしょう。

大切な時計であるだけに業者に依頼する前にはしっかりと情報収集をしておきましょう。

大丈夫、難しくありません。事前にチェックするべきなのはたったの3つのポイントだけです。

1、オーバーホールってなに?

分解された腕時計のパーツ

オーバーホールとは時計の「分解掃除」のこと。

時計のような精密機械は一分一秒の狂いも許されないため、定期的に問題がないかチェックする必要があります。

とくにロレックスのような機械式時計は内部に100個以上もの細かいパーツを使用しているため、それらが経年劣化したり潤滑油切れを起こしたりすることが間々あります。

だからこそ一度バラして点検し、パーツを交換したり潤滑油を注入したりして新品同様にリフレッシュするのです。

オーバーホールの期間は?

オーバーホールは3~5年ごとに行います。

これは潤滑油がそのくらいで乾ききってしまうためです。

管理人は4年ごとにオリンピックの年に行うと決めています。

●関連する記事はこちら

2、ロレックスのオーバーホール料金はいくら?

平均すると、3~4万円くらいです。

もちろん状態や型番などによって変わります。

ただ当サイトではロレックスのオーバーホールについて見積もり依頼を何社にも出しています。その結果もかなり溜まってきたので参考程度にお見せします。

店舗 時計 費用
日本ロレックス デイトジャスト 44,000円
時計修理 コンプリート デイトジャスト 30,000円
オロロジャイオ デイトジャスト 20,000円
ネオスタンダード デイトジャスト 21,000円
大樹 デイトジャスト 21,000円
時計修理工房 白金堂 エクスプローラーⅡ 40,000円
リペア Watch事業部 エクスプローラーⅡ 40,000円
千年堂 エクスプローラーⅡ 33,000円

※オーバーホール料金のみを記載しています。

→もっと詳しい見積もり費用はこちら

このように依頼する業者によって価格は千差万別です。

なので修理依頼をだすときは必ず複数業者に見積もりをとること。でないと一方的な価格を伝えられてそれが高いのか安いのか分からず損をしてしまいます。

3、ロレックスの修理・オーバーホールはどこでやる?

修理やオーバーホールができる場所は3つあります。

  1. 販売メーカー(日本ロレックス)
  2. 家電量販店・百貨店
  3. 郵送修理専門のお店

以下に3種類の特徴をかんたんにまとめます。

それぞれのメリット・デメリットは?

場所 メリット デメリット
販売メーカー 安心感がありサポートもしっかり 費用が高く納期も遅め
家電量販店・百貨店 店舗が多く直接持ち込みできる クオリティに疑問がある
郵送修理専門のお店 費用が安く手軽に依頼できる 時計を郵送する際に壊れないか心配

3つの中でどこに依頼すべき?

ベストな答えは『購入した店舗』です。

とくに日本ロレックスで購入した時計であれば5年間の保証期間が付いています。(以前は2年でしたが5年へ延長されました)

保証期間内であれば無償で修理・メンテナンスを行ってくれます。

しかしたとえば譲り受けた時計や個人間で売買した時計ならどうでしょう?出すべきお店がありません。

そういう時は「郵送修理専門の業者」に依頼することを推奨しています。

メーカー修理などに比べて技術に大差がないのに加え、郵送修理に特化しているため費用が安く抑えられるメリットがあるからです。

日本ロレックスにお願いすれば安心なの?

ロレックス店舗

日本ロレックスに依頼する一番のメリットは、安心感保証などのサポート力

正規店でオーバーホールを行うと国際サービス保証書が発行され、2年間はアフターフォローを受けることができます。

ですから安心といえば安心です。

一方で「費用が高い」ことと「納期が遅い」ことは覚悟しましょう。

外部の業者に頼んで壊されたりしないか心配な人は日本ロレックスに頼むべきでしょう。

ですがこのサイトに訪れている方はおそらく「価格がほどよく安く、かつ信頼できる業者」に頼みたいと思う方が多いのではないでしょうか。

であれば私は断然、コスパに優れた郵送修理専門の業者をオススメします。

ロレックス修理は、結局どこがおすすめなの?

管理人としてのおすすめは以下にまとめています。

主観ではありますが、何社も見積もり依頼を出してみて分かった事実を元にまとめたものなのである程度は信頼していただけると思います。

ご自分でも相見積もりをとりつつ、迷ったらぜひ参考にしてください。

●こちらの記事も参考にどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA