時計のオーバーホールについて、ブログ読者や友達からよく聞かれる質問をまとめてみた

   2016/04/21

このブログはかれこれ2年弱くらい書いています。途中だれたり見積もりにだすお店が少なくなったりで更新がとまったりしましたがなんだかんだ続いてます。

私はこのブログは実名を出していませんし出す予定もないのですが、仲の良い友達一人に「こんなブログやってる」と酒飲みながらポロッと話したらいつの間にか話が広がり、友達の間ではあいつは時計マニアだということになってるらしいですw

なもんで色々と相談されることがあるんですが一人ひとりにアドバイスしてたらめんどくさいので、このブログに回答をまとめて「これ見とけ」とスッとブログURLだけ渡しておこうと思いました。

友達だけじゃなくブログ読者からも相談をちょこちょこいただくのでそれらも合わせて回答していこうと思います!

相談1)オーバーホールなんか1度もしたことないよ。やらなくていいっしょ!

まぁ相談というか宣言ですかね…(笑)

私が頻繁にオーバーホールをしていることをいうと驚きとともにこう言われます。

やらないよ俺は、というのであれば全然止めませんが、本当に時計を大切にしているのであればやったほうがいいですよ。

search_tokeinaibu

一度、「機械式時計 中身」と検索してみてください。ものすっごい小さくて細かい部品が時計という枠組みに収まっているのがわかると思います。一般的な機械式時計の部品数は100以上と言われています。

機械式時計の動力源はゼンマイと歯車だけなので永遠に動き続けることはありえないですからね。どうしたって油が切れたり部品が壊れたりします。そういう内部のごたごたが時間が遅れたり止まったりするのにつながっています。

このブログはオメガ、ロレックスを中心にまとめているのでそれらの時計を持っている前提で話しますが、オメガやロレックスのような数十万する時計をメンテナンスなしで使っているのはちょっと考えられません。すぐ壊れてあとあと高くつくでしょう。

私が以前に書いたこちらの記事も参考になります。

相談2)オーバーホールするならどこがおすすめですか?

こちらも非常によく聞かれる質問です。

正直言ってこのブログに書いてあることがすべてなのでこれ以上言うことがありません(笑)

私が以前に見積もりに出した全部の修理店リストとその中からいいと思ったお店は以下の2記事にまとまっています。ぜひ参考にしてみてください。

もうちょっとだけアドバイスしておくとネットの口コミを信用しすぎないことですかね。これは私のブログも含めてです。

ネットに載せている情報というのはその人の個人的な主観にすぎませんし、数百、数千ある事例の中のひとつに過ぎません。

さらにいえばその当時は最高のお店であっても現在頼んでみたら最悪なサービスに変わっていた、なんてこともあり得るかもしれません。

ですから最後は自分の目で見たものだけ信じたほうがいいと思います。

時計修理は私が出しているようなお店の場合、たいていが見積もり無料でキャンセル料もかからないことが多いです。(一部キャンセル時の返送料がかかるところもあり)
なので面倒がらずに自分で見積もりにだしてみて、変な業者じゃないか信頼できそうかをその目で確かめてみるといいでしょう。

こちらの記事も参考になります。

相談3)時計を郵送するのって怖くないの?

めっちゃ怖いです。

いまでもはじめて出す時計店の場合は壊れて返ってこないか心配です。

でも、意外に大丈夫なもんです。これまで20社以上だしてきましたが1社も壊したり傷つけて返してきたところはありません。

時計店よりもむしろ配送業者が配送中に落としたりしないか心配ですね。ただそれも梱包資材がけっこうしっかりしていますし、壊れ物注意のラベルも用意してくれたりしますので過度に心配することはないように思います。

それに郵送修理の場合、自分の都合・ペースで修理できるから最高です。仕事が終わってから修理出そうと思ってもお店閉まってますし、田舎だとお店自体が近くにない場合もありますからね。

あと意外だったのが、送料とかあっちが負担してくれるんで郵送のほうが安いことも多いです。

免責事項

私は専門家でも時計職人でもなく、ただの時計好きなおじさん(気持ちは若い)です。

ブログを書いているうちに普通の人よりは多少詳しくなりましたが、あくまで素人であることには変わりありませんのでその点だけご留意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA