「時計工房 大樹」の見積もり結果。OH単体は激安だが総額はイマイチな結果に…

   2016/04/21

この前、見積もりを依頼した「時計工房 大樹」から見積もり結果が届きました。到着確認からはだいたい10日程度たっています。

オーバーホールは安いが総額は…

さて、そんな大樹の結果はどうなったかというとオーバーホール21,000円、もろもろの修理費用込みで総額88,000円となりました。

daiki_mitsumori

ちなみに金額だけみるとべらぼうに高いですが、もともと今回だした時計は古くて修理箇所がたくさんあるため総額はかなり高くなっています。他の業者でもこれは同じでした。

しかし今回はオーバーホールが他社と比べてほぼ最安値にも関わらず、9万円近い総額になっています。

修理箇所の内訳はどうなっているでしょう。

  • リューズ
  • チューブ
  • 3番車(さんばんぐるま)
  • ゼンマイ

などいろいろあるようです。

ただ修理箇所については私たちシロウトには本当に必要なのかそうでないのか判断がつきません。というのもリューズやゼンマイ交換はどの業者でも書かれているのですが、チューブや3番車というのは交換対象となっていない業者も多かったです。

見積もりといえども一回、時計を分解して確認しているはずなのでそんなに意見がバラけるものなのかと疑問に思いますが、残念ながら確かめるすべがありませんので我々は金額や顧客サポートなどの目に見える部分から判断するしかありません。

なので修理の総額が一番安いところより1万円以上高いこともあり今回はお断りをしました。

なお、これは管理人個人の判断でありこちらの修理店の見積もりにケチをつけているわけではありませんのでご了承願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お気軽にコメントどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA